ネットショッピング

ネットショッピングでは何が買えるのか

インターネットの普及とともに、ネット上にお店を出す個人や企業が増えてきました。インターネットショッピングというと一瞬ピンと来ない人もいるかもしれませんが、ネット通販やネットスーパーと言えば、ああ!と思う人も多いと思います。今や、ネットでは本当に様々なものを購入することが出来ます。むしろ、売っていないものはないのではないかと思えるほどです。その中の幾つかをご紹介しましょう。一番売れているものは、本や雑誌ではないでしょうか。近くに書店がない、あっても品揃えが悪いなどで欲しい本が手に入らなかった経験はありませんか?ネットで購入すればそんな心配もありません。さらに、自宅まで宅配業者が届けてくれるので、わざわざ出かける必要もありません。家電製品もよく売れています。これなら実物を触ったりしなくても大体わかりますし、どこで買ってもあまり変わらないからです。他には、ほぼ女性に限りますが、化粧品なども定番中の定番でしょう。ネットにしか売られていないものも多くあり、口コミなどでその効果を確かめながら購入します。お試しセットがあればなおいいですね。この他、衣料品や小物、お取り寄せギフト、お歳暮なども売れ行きの商品です。

どんなお店がネットにあるのか

ネットにはどのような種類のお店があるのでしょうか。これは、売っているものの種類ではなく、どのようなシステムで運営されているかです。それを少し説明していきましょう。まず、そのサイトのみで完結しているタイプのショップです。これはサイト全部がそのお店の経営するもので、専用のドメインを設けて、ショッピングカートなどを設置して開業しています。例えばnissenやdinosなどがそうですね。次に紹介するのは、ショッピングモール型のネットショップです。まさにショッピングモールのオンライン版で、モールを経営しているところに自分のお店を登録する形で開業します。楽天市場やヤフーショッピング、ビッターズなどが人気のある大手のモールです。他には、ドロップシッピング型と呼ばれるものがあります。これは、自分で商品の在庫を抱えずに行うショップのことで、用意されている商品を売りさばく、代理店のような形の販売方法をとるものです。比較的新しい形式のショップです。もしもドロップシッピング、電脳卸ドロップシッピング、通販素材.com、リアルマーケットドロップシッピングなどがあります。最後に、アフィリエイト型のネットショップです。これは自分では在庫などを持たずに、別のサイトが売っている物を紹介するという形で、マージンを得る方法です。お店を出すというよりは広告塔になる感じですね。